プログラマーの業界による激務

プログラマーというと、「どこの会社に勤めていても、同じ様な仕事をしているのだろう」と思っている方も多いと思います。
どういった業界のプログラマーになるかによって、仕事内容も変わってくれば、仕事量も変わってくることになります。ということは、激務になるかどうかは、どういった業界に入るかによっても変わってくるということ。

プログラマーの仕事は、基本納期に合わせて仕事を進めていくことになります。
当然、どんな業界でも納期前に近づけば、残業など必要となるでしょうし、激務となる可能性が高いでしょう。
しかし、どういった業界に勤めるかによっては、開発スパンが大きく変わってくることになります。
スパンが長い業界であれば、納期前は激務となっても、それ以外は割と安定した仕事をすることが出来るでしょう。
仕様が決まるまでは、待機状態となりますから、ゆっくりと過ごすことも出来るでしょう。
スパンが短い業界の場合には、常に納期に追われることになりますから、激務が続くことになります。
中には、1ヵ月ペースで納期が来るという業界もありますから、こういった業界に勤めることになれば、激務を強いられることになるでしょう。
また、プログラムの設計段階で遅れなどが出た場合には、そのしわ寄せが来てしまうこともあり、激務となってしまうこともあります。

このように、プログラマーの方はどういった業界で仕事をするかによっても、激務となるかどうかが変わってくることになります。
「もっと、自分の時間が欲しい」と考えている方であれば、スパンの長い業界などを選んでおくと、仕事をする上でゆとりを持つことが出来るでしょう。

There are no comments yet, add one below.

Leave a Reply


Name (required)

Email (required)

Website